ホーム > コラム

COLUMN~コラム~

シャンパーニュイメージ

【〜心機一転!新年の門出を祝うのにピッタリなワインとは〜】

皆さん、こんばんは。井上ワイナリー広報担当の石関華子です。

いよいよ年の瀬ですね。

連日忘年会でヘトヘトという方も、仕事納めまであと少し頑張っていきましょう!

 

この時期になると、今年1年を振り返り、来年の目標を立てられるという方も多いのではないでしょうか?

確かに年が明けると気持ちも改まり、何か新しいことにも挑戦してみたくなったりしますよね。

また、来年はご自身やご家族に何らかの環境の変化が訪れるという方も、大勢いらっしゃるでしょう。

今日は、そんな新たな1年の門出を祝うときにピッタリな、シャンパーニュについてお話ししたいと思います。

 

シャンパーニュとはどんなお酒か、ということは以前のコラムでご説明しました。

【~知っておいて損は無い!スパークリングワインとシャンパンの違いとは?~】

 

今回のコラムでは、なぜシャンパーニュが門出を祝うときにピッタリか、という理由を探るべく、その製造工程を見ていきましょう。

 

シャンパーニュを造るには、まずは白ワインを造り、酵母と糖分を加えて瓶の中に密閉します。

そうすると、瓶の中で発酵が始まり(これを「瓶内二次発酵」といいます)、ワインの中に炭酸ガスが発生します。

この炭酸ガスこそ、あのシャンパーニュの泡の正体です。

 

発酵が終わると、酵母はオリとなってワインに沈みます。

このときのシャンパーニュは、オリの影響で薄く濁ったような色をしています。

澄んだ色にするには、オリを取り除かなくいてはなりません。

 

そこで活躍するのが、写真にある「ピュピトル」と呼ばれる穴の空いた板です。

ここに瓶を逆さまにはめ込み、数週間かけて毎日少しずつ瓶を回しながら、徐々に瓶を垂直に立てていくのです。この作業を動瓶(ルミュアージュ)といい、これによって瓶口付近に少しずつオリが集められていきます。

こうして集められたオリの部分を凍らせて栓を抜くと、瓶内のガス圧でオリだけが瓶を飛び出す、という仕組み。

 

ただ、オリを取り除くことにより、どうしても液体の目減りが避けられません。

そこで、目減りした分を補うため、ワインに砂糖を溶かしたリキュールが添加されます。

実は、このリキュールに含まれる砂糖の量も、シャンパーニュの味わいを左右する要素のひとつ。

この重要な鍵を握るこのリキュールは、「門出のリキュール」と呼ばれています。

 

お気づきのように、このリキュールの素敵なネーミングこそ、シャンパーニュが新たな門出をお祝いするのにピッタリな理由です。

皆さんも、心機一転、新たな年の門出を迎える際は、ぜひご家族やご親戚、ご友人たちとシャンパーニュで乾杯してみませんか?

 

それでは今日はこのへんで。

元気に良いお年をお迎えください!

PAGE TOP