ホーム > TOSAワインができるまで

STORY~TOSAワインができるまで~

目標は高く、
夢は大きく!
~逆境から始めたワイン造り~

「当社の強みを活かし、新しいものを作りたい!」と考えたとき、
海外でのブドウ栽培の技術提供などの活動を行ってきたこともあり、
地元高知のワイン造りにたどり着きました。
これには、根拠となる3つのポイントが決め手となりました。
  • POINT1

    当社立地が石化鉱山麓にあり、
    ワインで有名なフランス
    ブルゴーニュ地方の地質に
    似ているのではないかと考えたこと

  • POINT2

    当社の農薬「ICボルドー」が
    ブドウの難病に効く特効薬であり、
    日本で高い販売シェアを
    持っていること

  • POINT3

    高知県民のソウルフード
    「鰹のタタキ」に赤ワインが合う
    という事実を知ったこと

気候という大きな壁

しかしながら、眼前に立ちはだかるのは高知の気候という難題。高知では、太陽と雨の恵みをいっぱいに受けて栽培するスタイルであるのに対し、ブドウ栽培において昼と夜の気温差は10℃、生育期間中の雨は1000mm以下が適当とされています。日本ワイン発祥の地である山梨県と高知県の年間降水量を比較すると、高知県は山梨県の約3倍!高温多雨に加え、台風も多く、日本の中でもこれだけ悪条件の揃った土地はないとまで言われていました。

総務省統計局刊行 「統計でみる都道府県のすがた 2017」

いざ、思いを行動に!

「高知でブドウを栽培、ましてやワインなんて・・・」と多くのお声を頂戴し、ますます“いごっそう魂”に火が付き、地元高知のワイン造りの挑戦が始まりました。この難しく厳しい状況での挑戦を成功させるめに、ブドウ栽培技術顧問として日本におけるブドウ栽培の権威である志村富男さんをお迎えし、ご協力いただくことになりました。

ブドウ栽培・ワイナリーコンサルタント 志村葡萄研究所
名誉農学博士 志村富男さん(山梨県笛吹市在住)

名誉農学博士 志村富男さん

不可能を可能に

志村さんは日本全国でワイナリーを手掛けられ、その土地の気候風土に合ったブドウ栽培からワインの醸造まで一貫して指導されているワイン造りのプロフェッショナル。志村さんが品種改良した100種ほどのブドウの中から、日本に自生する山ブドウとフランスのブドウを交配し、“高知で台風が来る前に収穫できる”品種を選んでいただきました。これにより、高知の気候風土に適したブドウを栽培することで、難題の解決に近づくことができました。
また、雨に強い品種のブドウにおいても、やはり雨が降ることで病気にかかりやすくなります。そこで、自社のノウハウを活かし、主力製品である安心安全!天然由来の農薬「ICボルドー」と志村さん考案の雨から守る「グレープガード方式」を採用し雨という大敵からブドウを救うことが可能となりました。ブドウへのダメージを最小限に抑えることで質の高いブドウの栽培につながる。すなわち、不可能と言われた高知産ワイン造りへの道がひらかれたのです。

不可能を可能に

良いワインは
良いブドウから

ブドウの一年TOSA~稲生~富士の夢の場合

休眠

休眠
ブドウは落葉樹です。
冬の間に発芽しないように、
防衛機能として休眠します。

発芽

発芽
3月頃に発芽し、
4月頃には葉が出始めます。

開花

開花
6月頃に、
ふわふわした
花が咲きます。
落花後
※6月上旬・中旬で
ICボルドーを2回散布。

結実

結実
ブドウの実だと
分かるようになります。
※8月上旬・中旬で
ICボルドーを2回散布。

収穫

収穫
志村さん考案の独自品種により
台風影響前の8月下旬に
収穫が可能となりました。
※収穫後の9月中旬・下旬で
ICボルドーを2回散布。
ワイン醸造について

ワイナリーへ

ワイナリーへ
ブドウを収穫後、山梨県スズラン酒造工業(有)に送り、いよいよ美味しいワインまであともう少しです。
破砕
ブドウの房を
破砕機に入れ、
房の枝と実を分離します。

発酵

発酵
酵母を加え、
発酵させます。

圧搾

圧搾
発酵させた
もろみを搾り、
ワインを抜き取ります。
熟成
樽詰め等で、数ヶ月から
10数ヶ月かけて
熟成させます。
  • TOSAワイン
  • PROMOTION MOVIE-INOUE WINERY-

TOSA WINEYARD MAP

稲生

稲生
良質な石灰の産地として有名な稲生。盆地のような地形で、放射冷却による寒暖差がブドウ栽培に適しています。中心部に下田川が流れる肥沃な土壌で、米の二期作発祥の地でもあります。
ブドウ品種
富士の夢
ルーツ
メルロー×日本のヤマブドウ

山北

山北
全国一といわれるほど日照時間が長い、みかんの産地。海から少し離れた山間で年間を通じて暖かく、三宝山から地下水脈を介して土壌に染みわたるミネラル成分が豊富で、ブドウに良い影響を与えています。また、『乙女の涙 スウィーティア』も山北で栽培しています。
ブドウ品種
エイトゴールド(はちきん)
ルーツ
ピノ・ノワール×日本のヤマブドウ

手結

手結
太平洋に面した温暖で自然豊かな土地。海からの反射を含めて太陽の光がたっぷり注ぎ、雨も少ないため、ブドウ栽培に適した土地です。ゴルフ場の一部で暖かい潮風に優しくゆられて、ブドウがのびのびと育っています。
ブドウ品種
マルスラン
ルーツ
カベルネソーヴィニヨン×グルナッシュ

PAGE TOP