ホーム > コラム

COLUMN~コラム~

葡萄イメージ

【~食べるブドウとワイン用のブドウ、どこが違うの?~】

皆さん、こんばんは。井上ワイナリー広報担当の石関華子です。

 

今、埼玉県の実家に帰省しています。

両親が、ブドウが大好きな孫のために巨峰を用意してくれていました。やっぱり巨峰は美味しいですよね

ところで、巨峰のような食べて美味しいブドウって、ワインの原料となるブドウとは、何か違いがあるのでしょうか?

今回のコラムでは、その違いについてお話したいと思います。

 

食用ブドウとワイン用ブドウの最もわかりやすい違いは、粒の大きさです。

食用ブドウの粒は大小様々ですが、ワイン用ブドウは概して小粒です。

大粒の食用ブドウは食べると美味しいのですが、水分量が多く、ワイン造りにはあまり向きません。ワインは小粒のブドウのほうが、凝縮感のある味わいになるのです。

 

では、味にも違いはあるのでしょうか?

一般的に、ワインはあまり甘くないことから、ワイン用ブドウは甘くないのでは?と思われがちです。私もそのように考えていた時期がありました。

しかし、収穫前のワイン用ブドウを食べてみたら、しっかりと甘かったのです。その糖度は意外にも食用ブドウよりも高いのだそう。ワインがあまり甘くないのは、糖が醸造の過程でアルコールに変化するからなのです。

また、ワイン用ブドウにはしっかりとした酸味も感じられます。酸は、ワインの味わいに影響を与えるのはもちろんのこと、発酵中の酵母の生育を助け、細菌から保護するという役割も担っています。

一方、食用ブドウにはあまり酸っぱさは感じられませんが、その分甘味が強く感じられるそうです。

 

食用ブドウとワイン用ブドウの違いは他にもあります。

種の量もその一つ。最近の食用ブドウって、ほとんど種が無いですよね。

逆に、ワイン用ブドウには種が多く含まれます。ですが、種は赤ワイン特有の渋みの元となり、ワイン造りには欠かせません。さらに、様々な健康効果のあるポリフェノールも、主に種から抽出されています。

また、食用ブドウに比べ、ワイン用ブドウは皮が分厚くなっています。皮にはワインに色を付ける色素だけでなく、香味成分も含まれているので、やはりワイン造りの要となるわけですね。

 

このように、同じブドウであっても、食用とワイン用では、用途に合わせて特徴がまったく異なるのです。

この季節、両方のブドウからの恩恵を存分に味わいたいですね!

 

それでは今日はこのへんで。また来週!

PAGE TOP