ホーム > コラム

COLUMN~コラム~

ソムリエとワイン

【~もうホスト・テイスティングは怖くない~】

皆様、こんばんは。井上ワイナリー広報担当の石関華子です。

 

前回のコラムでは、ワインを飲むときは、特に難しいことを語る必要はないので、リラックスして楽しんでください、ということをお伝えしました。

しかし、時にワインは、男性に試練を与えることがあります。その試練とは、レストランなどでボトルワインを注文した時に、張り詰めた空気の中、(多くの場合)男性のグラスに少しだけワインが注がれるという、「ホスト・テイスティング」の瞬間です。

この瞬間、多くの方が緊張してしまいますよね。確かに、ここで失敗したら、同席者の前で赤っ恥をかいてしまいますので、緊張するのも無理はありません。

 

そもそも、ホスト・テイスティングを行うのは、なぜなのでしょうか?

それは、注文したワインの状態を確認するためです。決してワインの香りや味の評価を述べるためでありません。

 

ホスト・テイスティングは、基本的には食事の主催者が行いますが、男女のカップルの場合、男性が行うことになります。(例外的に女性が行うこともあります。私はいつも頼まれます…)

そこで、難なくその局面を切り抜けるために、そのお作法を覚えておきましょう。

 

まず、ボトルを見せられたら、注文したもので間違いないかチェックします。

グラスにワインが注がれたら、香りを嗅ぎます。もし、欠陥ワインの典型である「ブショネ」(変質したコルクの臭いがワインに移ったもの)であれば、かなり不快な匂いがするため、この時点で判別できるでしょう。判断に迷うときは、ソムリエさんに確認してみましょう。もし欠陥ワインであれば、ワインを取り替えてもらえます。

香りに問題がなければ、少しだけ口に含んで、温度と味を確認します。

そして、何も問題がなければ、あとは「お願いします。」と伝えるだけで大丈夫です。

なお、好みの味ではないなどという理由では、取り替えてもらうことはできませんので、ご注意ください。

 

このように、ホスト・テイスティングで必要なことは、「見て、嗅いで、少し飲んで、ゴーサインを出す」だけなのです。

難しく考えたり、カッコつける必要はありませんので、お店でボトルワインを注文したら、ぜひ気軽にホスト・テイスティングに挑戦してみてくださいね!

きっと、新たなワインの世界が開けるはずです。

 

それでは今日はこのへんで。また来週!

PAGE TOP