ホーム > コラム

COLUMN~コラム~

ワインと食事イメージ

【~ワインは難しいお酒?~】

皆様、こんばんは。井上ワイナリー広報担当の石関華子です。

 

先日、お酒は好きだけど、あまりワインは飲まない、という方に、その理由を訊ねてみました。すると、「なんか色々とコメントするのが難しいから。」というような答えが返ってきました。

ーコメントとは?

ーほら、何とかの香りで、どんな味わいで、とかだよ。

 

確かに、ワインを飲むとき、毎度そのような「コメント」をしなければならないのであれば、ワインを避けたくなるのも無理はありませんね。

しかし、そのような「コメント」が求められるのは、一部のワインに関するプロフェッショナルや熱心な愛好家だけであり、一般の方がワインを飲まれるときに「コメント」をする必要はありませんので、どうぞご安心ください!

 

ではなぜ、一部のプロ達には、そのような「コメント」が求められるのでしょうか?

その大きな理由のひとつは、数多く存在するワインの中から、お客様にワインを選んでいただくための「指標」として参考にしてもらうためです。例えば、赤ワインにしても、どっしりとコクのあるタイプから、軽い飲み口のものまで、まさに千差万別です。その数ある中から、どのワインをチョイスするか考えるときに、香りや味わいに関する「コメント」、つまり「指標」となるような説明があれば、とても助かりますよね。

このように、ワインを「わかりやすくする」ための「コメント」のはずが、かえってワインが「難しく感じる要因」になってしまっているのは、なんとも皮肉な現実ではありますが・・・

 

それでは、一般の方は、ワインを飲んだときに、どのような発言をしたら良いのでしょうか?

特に決まりはありませんが、個人的には、「美味しいね!」とか、「この料理に合うね!」とか、「あんまり好きな味じゃないな。」とか、率直な感想で良いのではないかと思います。

レストランでホストテイスティングを行うときも同様に、洒落たことを言う必要はありません。なお、ホストテイスティングについては、次回のコラムで詳しく解説しますので、男性は必見です!

 

ワインを飲むときは、肩肘張って難しいコメントもうんちくも語る必要はありません。(もちろん語りたければ、語っていただいても構わないのですが・・・)

ぜひリラックスして、家族や恋人、友人、同僚たちと、ワインのあるひとときを楽しんでださいね。

 

それでは今日はこのへんで。また来週!

 

PAGE TOP